MARK'S ||| 株式会社マークス

当社会社情報を騙る、悪質なECサイトにご注意ください

Les Secrets by Ladurée スクレ by ラデュレ マークス

パリの⽼舗パティスリーメゾンの⽢美で優雅なフランス流「アール・ド・ヴィーヴル」

Les Secrets by Ladurée

160年近く続くパリの⽼舗パティスリー、メゾン「ラデュレ」が展開するギフトブランド「スクレbyラデュレ」とマークスとのコラボレーションにより、2010年にスタートしたステーショナリーコレクションが10周年を迎えました。

すべての始まりは1862年

世界中から多くの⼈々に愛されるパリの⽼舗パティスリーメゾン「ラデュレ」は、1862年にルイ=エルネスト・ラデュレ(Louis Ernest Ladurée)がパリのロワイヤル通り16番地にブランジェリーをオープンしたことから始まりました。

パティスリーへの転機

1871年、⽕災に⾒舞われたことにより、ブランジュリーはパティスリーヘと⽣まれ変わります。内装は、当時著名であった画家ジュール・シェレ(Jules Chéret)に託され、ラデュレのシンボルとなる「パティシエ天使」が描かれました。

女性たちの夢の宮殿、「サロン・ド・テ」第1号

のちに、ラデュレの妻ジャンヌ・スーシャール(Jeanne Souchard)により、⼥性たちがパティスリーや紅茶を楽しみながら⾃由に出⼊りできる社交の場、「サロン・ド・テ」が誕⽣しました。当時、カフェは男性だけが楽しめる場所だったのです。

伝統と⾰新を融合させたラデュレの美学

オルデーグループの創設者のフランシス・オルデー(Francis Holder)とラデュレ社現社⻑のダヴィッド・オルデー(David Holder)は、世界で最も美しい⼤通りに建つ格調⾼く洗練された店を思い描き、1993年にメゾンを売却。1997年には「フランス流アール・ド・ヴィーヴル(美しき⽣活)」を象徴するパリ随⼀の場所、シャンゼリゼ店オープンさせました。

スイーツのみならずそれを供する⽂化そのものを創造し、芸術、感動、伝統と⾰新を融合させたラデュレの美学を守りながらフランス流アール・ド・ヴィーヴルを追求し続けています。

ラデュレが伝える「フランス流アール・ド・ヴィーヴル」と美⾷は多くの⼈々を魅了し、世界中で愛されるメゾンになりました。

ラデュレ マカロンの歴史

ルイ=エルネスト・ラデュレの従弟ピエール・デフォンテーヌ(Pierre Desfontaines)によって、アーモンド⽣地のクッキーにガナッシュを挟み込むお菓⼦、ラデュレの「マカロンパリジャン」が誕⽣し、メゾンが誇る世界唯⼀のノウハウは、時を超えて守り続けられるレシピとなりました。

現在までに誕⽣したマカロンのフレーバーは100以上。季節感を感じられるフレーバーやコラボレーションから誕⽣したフレーバーなど、様々な味を楽しむことができます。

ラデュレのギフトブランド「スクレ by ラデュレ」

フランス語で“秘密”を意味する「スクレ(secret)」はラデュレのエスプリを受け継ぐコレクションです。

各国からパリにやって来る⼈々はラデュレの世界を旅し、その思い出を形として残すために誕⽣したスクレは、世界中で愛する⼈たちのためにつくられています。

フェミニンで洗練された包装やパッケージは、それぞれの商品をひとつのシーンとして美しく演出し、“ラデュレのエスプリ、パリのエスプリ”を表現しているのです。

10周年を迎えた「スクレ by ラデュレ マークス」

スクレby ラデュレとマークスのコラボレーションによるステーショナリーコレクション「スクレby ラデュレマークス」は2010年に⽣まれ、10周年を迎えました。

ラデュレの「フランス流アール・ド・ヴィーヴル」のエスプリはスクレby ラデュレを通してこのステーショナリーコレクションにも広がり、王冠のロゴやラデュレファミリーと呼べる動物たち、マカロンやるりジューズといったパティスリーなど、メゾンを代表するアイコンがあしらわれ、さらに宝⽯箱を思わせる美しいボックスにおさめられています。

なかでも、3つの⼩さなマカロンが連なり、王冠とエッフェル塔が並ぶキーホルダーは、このコレクションのアイコニックなアイテムとして愛され、デビュー以来のロングセラーとなっています。

この10年という記念すべきアニバーサリーのために、この上なくパリらしいコレクションを思い描き、フランスを象徴する⻘、⽩、⾚⾊のマカロンや誇り⾼く輝く、フランス⼈にとって最も⼤切なシンボル、エッフェル塔をモチーフにしました。さらにこのコレクションでは、漆⿊の空に満天の星が輝く美しい夜を描いた、よりシックなカラーもお楽しみいただけます。

「スクレby ラデュレマークス」は⼤切な⼈への贈り物として、またご⾃分へのプレゼントとして、ラデュレを愛する⼈たちの⼼をときめかせてくれることでしょう。